もふもふセーター

セーターの簡単な手入れ方法

お気に入りのセーターでも、毛玉が出来てしまうと非常に残念が気持ちになってしまいます。
そのため、毛玉ができないように着用及び収納する事が重要になります。
毛玉は主に摩擦によってできてしまいます。
そのため、可能な限り摩擦が発生しないようにしましょう。
したがって、ニット製品を重ねて着用する事がおすすめできません。

摩擦が発生する原因になります。
次に、収納する際には、ハンガーにかけた状態で収納するのではなく、折りたたんで収納するようにしましょう。
ハンガーにかけた状態で収納してしまうと、型崩れを発生させる原因になってしまいます。
毛玉ができないように収納及び着用していても、毛玉はできてしまいます。
そのような毛玉を除去する方法としては、範囲が狭いのであれば裁縫用のハサミを使用して取り除く事が可能です。
範囲が大きいのであれば、専用の機材を使用することをおすすめします。
専用の機材事態が非常にコンパクトに設計されており、外出先に持ち運ぶ事が可能となっております。
このほかの方法としましては、カミソリを使用する方法が挙げられます。
セーターをテーブル等の平らな場所に広げ、毛玉が付着している部分をカミソリで軽く剃る事によって簡単に毛玉を除去する事が可能です。

たくさんあるセーターの種類

セーターは保温効果があるため防寒用として使われます。動物性繊維のウールやカシミヤの太目の糸で編んだものが多いですが綿などの植物性繊維を組み合わせて作られたものや化学繊維からも作られています。
天然素材のセーターは虫くいに注意する必要があり防虫剤や圧縮収納袋を利用して害虫を防ぎます。洗濯するときには専用洗剤を使用するかドライクリーニングなどで洗濯しないと縮みます。一度縮むと元の形に戻す事が難しくなります。セーターの種類は模様や形状、使用目的、地域などで種類が豊富にあります。編み方も手編みと機械編みのものがあります。編み機の登場で大量生産も可能になり普及していきました。冬に防寒用として着用されていましたが夏用に綿素材のものが作られるようになり1年を通して着用されるようになりました。
セーターは地域により特徴があります。アイルランドのアラン諸島を発祥としたものは漁業が主たる産業だったため防水と防寒を目的として作られています。特徴ある縄状の編み方には願いが込められており家により模様に違いがあります。カナダのバンクーバーに住むカウチン人に由来するものは幾何学的な模様が編み込まれており狩猟文化が反映されています。

Favorite

フランクミュラーのカサブランカを購入
http://www.couronne.info/shopbrand/007/014/X/
産婦人科 豊中
http://www.jikihara.net/
酵素ドリンク 通販
http://www.faunuhn.com/
麻布十番 マッサージ
http://enspa.jp/
マタニティ
http://www.inujirushi.co.jp/
貸会議室 新宿
http://shinjuku-business-room.com/
名古屋 スポーツジム
http://energy-sports.jp/
エコカラット 東京
http://www.faithone.jp/interior.html

2016/9/23 更新